肥えることはありませんでした

122
あたいは、予め太った会社のないタイプで、小学校から高校生三年生までどんどんバレーボールを通していました。近所よりは必ず思い切り食べると言われていましたが、動作を通していたので肥えることはありませんでした。

ただし、大学2年頃になった辺り、お酒を飲み込むようになり、夜の仕事をし出したので、身辺が夜型になりました。夜中にご飯を食べたりお酒を飲んだりやるうちに、3ヶ月ほどで5間隔加算してしまいました。

でもその身辺を続けていると誠にそこから2ヶ月でどしどしウエイトは目立ち、再度7間隔も太ってしまいました。5ヶ月で12間隔も太ってしまったあたいは、いよいよダイエットを決断しました。

あたいが始めたダイエットは、100グラムダイエットというものです。これは、食事の内容はなんでも美しく、好きなものをなんでも食べていい代わりに、一度の食事量を100グラムとして1期間おきに食事を摂るはでした。

食事を極端に切り落としたり、食べるものを制限されることは、食べる事が大好きなあたいには全く葛藤だと思いました。ですから、こういう100グラムダイエットなら好きなものを食べられるし、100グラムで物足りなかったとしても1期間経てばまた何か食べられるので、続けられる気がしました。

直ぐにダイエットを開始しました。大学の分野の合間に取るために、100グラムずつに分割したおにぎりや、副食を四六時中お弁当ケースに入れて持って行きました。

初めは、100グラムでは食べた気がしなくて我慢するのが辛かったですが、1期間分野を通してまた食べられるので、少しずつ100グラムで十分になって行きました。

不思議なことに、カロリーや糖分など何うち気にせず食べているのに体重が減り動き出し、しかも召し上がる量もまるごと減りました。初めて2ヶ月で5間隔のシェイプアップに成功しました。そうしたらもっと継続していると、開始から3ヶ月半ほどでウエイトの鎮まる量が初めて停滞しましたが、5ヶ月ほどからまた減って、最終的に半年で10間隔のシェイプアップに成功しました。

こういうダイエットの一番のポイントは、時たま食べをすることです。ボディは空腹を感じると、次に摂る食事の養分の吸収百分率が思い切り良くなるそうです。

ですから、毎日を通じて食べた量が同じでも、空腹を感じてから満杯摂るのと、空腹のランクを落とし少しずつ食事を摂るのとでは、吸収百分率が違うのです。

食べたものをみんな吸収してしまうと、それを消費することは難しくなります。ですから、毎日の食事の摂取量は変えなくても、吸収百分率を和らげ場合ことができるのです。

しかも、一度に採り入れる量を燃やすため、胃が小さくなって少食になるという見どころもあり、あたいには一石二鳥三鳥のダイエットでした。髪が少なくて悩んでいるなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です